関西委員会


委員長 松岡 弘明
Matsuoka Hiroaki
日本製鉄(株)
常務執行役員大阪支社長

わが国において、東京の一極集中を緩和し、分権型社会を構築していくためには、先ず、一大拠点である関西圏が今まで以上にプレゼンスを高めていく必要があります。また、関西圏は、地理的、歴史的にもアジアに近いため、アジアとのヒト・モノ・カネの交流拠点としての機能を強化することも極めて重要です。
このような認識の下で、当委員会は、これまで検討してきた関西圏の安全・安心確保に向けた防災対策、新大阪の交通結節機能の向上等の検討に加え、新たなテーマの発掘も睨みながら、大阪市や大阪府の政策動向を踏まえ、地域の民間プラットフォームの特質を活かした提言を目指しています。
関係省庁との意見交換を通じ、地方創生を念頭においたプロジェクト発掘を意識した活動を行っていきます。

活動方針

当委員会は、平成30年(2018)3月に、新大阪の交通結節機能の向上等について提言「新大阪駅周辺エリアの都市機能強化」を発表しました。引き続き、国土交通省、大阪府・市等と連携していきます。また、2025年大阪万博開催が決定したことなどに伴い、新たなプロジェクトテーマについて、大阪ベイエリアのインフラ整備、開発、活性化や西日本連携等を方向性の一つとしつつ、中長期的な関西の活性化、強化を目指して幅広い視点で議論・検討を積み重ね、テーマの選定に向けて活動していきます。

活動実績

平成20年(2008)「KANSAI 21世紀の日本を牽引する新産業広域圏の創造」公表(PDF:588KB)

平成30年(2018)3月提言書「新大阪駅周辺エリアの都市機能強化の提言~関西の30年後を見据えた"新大阪創生プロジェクト"~」を池田豊人国土交通省近畿地方整備局長に手交


平成19年(2007)9月第1回幹事会を開催

平成30年(2018)7月第41回幹事会を開催

平成30年(2018)12月第42回幹事会を開催