環境委員会

低炭素・循環型・自然共生社会の実現は、わが国が国際社会の中で、持続的かつ先導的な国づくりを目指す上で必須の命題です。
当委員会は、そのような認識に立ち、「わが国の環境技術を活用した産業の創造」と「地球温暖化問題解決に向けた経済と環境との最適バランスの検討・提言」について研究しています。
具体的には、「大都市圏の民生・業務セクターにおけるCO2 50%削減可能性の技術・施策検討」、「地方圏におけるバイオマス利活用・農林業体質の強化」、及び「森林ビジネス創造」等、検討してきました。
当面は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年を念頭に、環境・エネルギー分野のあるべき姿について検討していきます。

活動方針

【主査】青山俊介/(株)エックス都市研究所取締役特別顧問
2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの機会をとらえ、その運営によるピーク対応に寄与しつつ、日本、東京ならではのスマートシティの具体像を実践・デモンストレーションし、世界に発信するとともに、次代に引き継ぐに足る都市・社会像のあり方を研究します。

  • ヒートアイランド対策
  • 低炭素まちづくり
  • 東日本大震災がれき対策
  • 2020年都市・社会像のあるべき姿

活動実績