天然ガスインフラ整備・活用委員会

設立趣旨


委員長 青山 伸昭
Aoyama Nobuaki
新日鉄住金エンジニアリング(株)
顧問

平成23年(2011)3月11日の東日本大震災以降、日本国内での天然ガス需要が大幅に高まる中、天然ガスの安定供給および価格の引き下げが日本の国家的エネルギーセキュリティの要締となっています。
当委員会は、昭和62年(1987)より、25年間研究活動を続けてきた「アジアパイプライン研究会」およびその後継の「北東アジア天然ガス開発・利用研究会」からJAPICに移管されました。同研究会は、中国、韓国、ロシア、モンゴル各国パートナーと共に「北東アジア天然ガス・パイプラインフォーラム(Northeast Asian Gas&Pipeline Forum 以下 NAGPF)」を構成し、天然ガスの開発・利用に関する国際的な情報交流を進めてきました。また、「北東アジアにおける天然ガスインフラストラクチャーの長期ビジョン」を策定、北東アジアでの国際パイプライン網整備の必要性を訴えてきました。
この間、中国、韓国は本活動成果を積極的に活用、国内天然ガスパイプライン網の整備を進めるとともに、近年は国家エネルギーセキュリティ検討の場としてNAGPFを更に活用する姿勢を見せるなど、存在感を高めつつあります。
このため、当委員会では、国際的な成果を生かしつつ、我が国の国家セキュリティ問題の解決に向けた検討・政策提言を行うとともに、北東アジア地域全体の天然ガス開発、利用に関する国際協力の推進に寄与すべく活動を国内外に向けてより積極的な活動を推進してまいります。

活動方針

  • 国内天然ガスパイプライン網整備による天然ガスの安定供給の実現に向けた施策の検討・提言
  • 海外との天然ガスパイプラインと国内天然ガスパイプラインの接続・連携による天然ガスの安定供給及び価格引き下げの実現に向けた施策の検討・提言
  • 分散型電源、スマートコミュニテイ等の天然ガスの効率的利用の促進に向けた施策の検討・提言
  • 天然ガスPL網整備によるメタンハイドレートの事業化促進に向けた検討(「海洋資源事業化委員会」とタイアップ)
  • 「北東アジア天然ガスパイプラインフォーラム」への参画・交流による参加国間のコミュニケーション維持強化
  • 世界のエネルギー情勢・天然ガス関連技術に関するセミナーの開催
  • その他上記に関連する活動

活動実績

委員会

平成26年(2014)2月より、6回の委員会を開催。